横浜の人気ロケーションフォトウェディングランキング!

フォトウェディングの打ち合わせはどのようなことを決めるの?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/07

横浜でフォトウェディングをしようと思ったときに業者に問い合わせをしてみると事前に打ち合わせが必要だと言われることになるでしょう。業者としては当日の流れをスムーズにするために決めておきたいことがたくさんあるので1時間くらいの時間の確保を依頼されるのが一般的です。

希望のヒアリングから始まるのが通例

フォトウェディングについて業者との打ち合わせをするときには最終的にはいろいろなことを決めることになりますが、最初はまずヒアリングを受けるのが一般的です。業者としては満足してくれるようにサービスを提供することが重要なので、まずは希望がどんな感じなのかを幅広く聞いてもらえます。

フォトウェディングにしようと決めた動機を聞かれることもあれば、どんなイメージのフォトにしたいかも問われることがあるでしょう。どんな質問をするかは業者によって違いますが、どの質問も理想的なフォトウェディングをできるようにするための基本的な質問になっています。そのヒアリングを終えるとようやく具体的に当日の流れをどのようにするかの打ち合わせに入るのが普通です。

決めるのは撮影のためのプランとその詳細

ヒアリングを終えたら具体的にどんなプランで実施するかを決めて詳細を詰めていくことになります。業者によって用意しているプランにも違いがあり、ウェディング向けのプランも一つだけということはあまりありません。

何枚撮影できるか、撮影したデータをもらえるか、プリントしてもらえるのは何枚まで無料かなどといった点がプランごとに異なっています。また、プランによって選べる衣装が違ったり、メイクや着付けのサービスに違いがあったり、撮影場所の選択肢が異なっていたりすることもあるでしょう。

ヒアリングをする目的の一つはどのプランが最適かを業者の立場から判断することです。ヒアリングが終わったときにはこのプランがおすすめだという話になり、他のプランとの違いを説明してもらえるでしょう。納得できるプランを決められたら具体的に当日の内容を打ち合わせすることになります。

何月何日の何時から撮影をするか、衣装はどれを使用するか、セッティングはどんなものにするかといったことを細かく具体的に決めていくのが一般的です。撮影に費やせる時間は限られているので、その間に無駄な時間を過ごすことなくスムーズに撮影を終えられるように業者が準備を整えてくれるのが理想的でしょう。

そのためには具体的で詳細な打ち合わせが欠かせないものなのです。この時点では決めにくいものがあったときには後日、電話やメールなどで連絡すれば良いという対応をしてくれることもあります。

支払い方法についても確定するのが一般的

この打ち合わせの段階で支払い方法についても確定する場合がほとんどです。事前に支払いではなく当日に支払いというのが普通で、現金やクレジットカード、デビットカードなどの支払いのオプションがあります。フォトウェディングは比較的費用を抑えやすいものの、一度で支払うのは難しいという場合もあるでしょう。

分割払いをしたいというときにも対応している業者があります。その意向をこの時点で確認しておきたいというのが一般的な考え方で、他の支払い方法を選ぶ場合には当日でも構わないと言われるのが通例です。

 

フォトウェディングでは事前に打ち合わせをして内容を細かく確定するのが一般的です。当日の流れをできるだけスムーズにするのが目的になっています。ヒアリングを受けて利用するプランの提案を受けた後、衣装やセッティングなどについて詳細を詰めていくのが普通です。

基本的には打ち合わせの段階で全て確定させますが、後日に電話などで連絡して対応してもらうこともできます。支払い方法についてもこの段階で希望を伝えることになるということは覚えておくと良いでしょう。




サイト内検索
記事一覧