赤ちゃんと一緒にフォトウェディング!その内容とは?

赤ちゃんと一緒にフォトウェディング!その内容とは?

今若い男女を中心にフォトウェディングが注目されているのはご存知でしょうか?

注目されている理由として、

お金に余裕がなく結婚式を挙げられない代わりに写真だけでも残したい

結婚式ではドレスを着るからフォトウェディングでは色打掛や白無垢を着て撮影をしたい

という人がフォトウェディングを選んでいます。

実際の挙式よりもかなり安く、相場は15万円ほどと安く、さらに今はスタジオも増えてきておりナチュラルテイストのものからゴージャスなものまでお客様の要望に合ったフォトウェディングが出来るスタジオが増えてきています。
また最近ではお子様と一緒に参加が出来るフォトウェディングも増えてきました。
今回はお子様と一緒に楽しめるフォトウェディングの内容を覗いてみましょう。

 

お子様と一緒に楽しい写真撮影

インターネットで赤ちゃんやお子様と一緒に撮影が出来るスタジオは意外と多くあります。
「赤ちゃんのご機嫌が悪い時どうしよう」

「衣装はどうすればいいのかな」 などいろいろ疑問に思う事はあるかと思います。

○特徴

まず多くのスタジオでは0歳の赤ちゃんに対しては覚悟家庭でベビードレスを持参してもらうようにお願いをしています。

1歳以上のお子様にはドレスやタキシードを着て撮影が可能となります。
お子様の衣装はレンタルもしくは持ち込みのどちらか好きなほうから選べます。
お父さんやお母さんはドレスアップして普段着ることがないドレスやタキシードを着て撮影となります。

メイクアップに関してスタジオによっては幼稚園くらいのお子様にヘアメイクを施してくれるスタジオもあります。
もちろんご家庭でお子様用のメイク用品をもってきてメイクを施すことも可能です。

撮影ですが、基本的には赤ちゃんのご機嫌がいい時に撮影をします。
例えばお昼寝の時間と撮影の時間が被っては、当然赤ちゃんは眠いのでご機嫌が悪く撮影は中断となります。
予約する時間も赤ちゃんのお昼寝時間と被らないような配慮は必要です。

授乳に関しては撮影を中断して行うことが出来るので安心です。
稀に興奮して嘔吐してしまう赤ちゃんもいるので、その際は撮影の予約1時間前には授乳を済ませるとスムーズに撮影が出来ます。
泣いてしまっても、各撮影スタジオにはおもちゃなど遊ぶスペースは確保されており、もしあきてしまったらお子様との撮影までそちらのスペースで遊ばせることは可能です。
ヘアメイクをしている最中だけは、ご兄弟の方かもしくはおじいちゃんおばあちゃんなどに同行してもらうといいでしょう。

 

フォトウェディングの主役はあくまでもお父さんお母さん

お子様が同伴での撮影とはいえ、フォトウェディングの主役はお父さんお母さんです。
お子様が主役の七五三や誕生日の撮影とは違うので、お子様のコンディションも勿論大切ですが、自分の体調のケアも忘れずに行いましょう。

○両親に付き合ってもらう

また、撮影中心配だという人は、おじいちゃんおばあちゃんなど大人の方が同伴してもらい、赤ちゃんのご機嫌が悪い時に遊んでもらったり、ミルクやおむつ交換を御願いできるようにしましょう。
フォトウェディングはお二人にとって大切な記念日になります。
子どもの事が心配で撮影できるか不安な方も、スタジオにいるスタッフはプロなのでお子様のご機嫌が悪くてもスマートに対応することが出来るので安心してください。

通常の新郎新婦の撮影プランもありますが、今はお子様と楽しく撮影できるプランも浸透してきています。
将来お子様が大きくなった時の思い出にもなりますし、家族と過ごした大切な思い出になります。
赤ちゃんや小さな子供がいては撮影が出来ないと悩んでいる人は、赤ちゃんやお子様と写真が撮れるプランをおすすめします。

サイト内検索
ランキング!
ONESTYLE(ワンスタイル)
スタジオAQUA(アクア)
La-vie Factory(ラヴィファクトリー)
CLAIRE(クレール)
華雅苑(かがえん)
記事一覧