横浜の人気ロケーションフォトウェディングランキング!

横浜のフォトウェディングで急遽日程変更をしなければならなくなったときの流れ

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/11/11

横浜でフォトウェディングを行いたいと考えている人のなかには、急遽日程を変更しなければならないときにどうすれば良いのかわからないことで不安を感じている人もいるでしょう。

予定通りに撮影できることが一番良いのですが、万が一の場合に備えてスケジュールを変更してもらう方法は知っておくべきです。

横浜でフォトウェディングの日程は変更できるのか

横浜でフォトウェディングを利用する場合、日程の変更はできる場合もあればできない場合もあります。本来撮影する予定だった日にちに撮影がなくなってしまうと、変更が起こらなければその日に他のお客さんの撮影ができたということになるので、別の日に再度予約を入れるとしても一度キャンセル料が必要となることが多いのです。

特にいつも予約が埋まっているような人気のあるスタジオは、キャンセル料が発生してしまう可能性が高いと言えるでしょう。1か月前などであればキャンセル料なしで予定を変更してもらうことができる場合もありますが、撮影日が近づいてしまうと本来支払うはずだった料金をすべて支払わなければならない可能性が高いです。

料金を払ったうえであれば、再度予約できるスタジオも多いですが、キャンセル料の有無を含めて、対応は選んだスタジオによって大きく異なります。公式ホームページを確認して、対応してもらうことができるかどうかチェックしておくと良いでしょう。

フォトウェディングを日程変更する流れ

フォトウェディングの日程を変更する場合は、まずは利用予定のスタジオに連絡をとることから始めましょう。それぞれのスタジオで対応は異なりますが、当初撮影する予定だった日程の撮影をキャンセルしたい旨を早く伝えることが大切だと言えます。

そのうえでスケジュールを変えて欲しいとお願いし、スタジオ側から可能だと言ってもらえたら手続きを進めてください。キャンセル料を支払ったうえで新規の予約となることもあれば、予定日を変更するだけで済む場合もあります。

これはスタジオや申し出た日にちによって異なりますので、ホームページなどで予約日を変えてもらうときの方法が記載されていないのであれば、スタジオに連絡して指示を仰いでください。

ただし、日程を変更するとなると予約の埋まり具合によっては、かなり先まで撮影の予定を入れることができないなどの可能性もあるので注意しておきましょう。いずれにしても、スケジュールを変えなければならないとなった時点で連絡することが大切です。

日程変更は早めに連絡することが大切

日程の変更を希望するのであれば、早めに連絡することが大切だと言えます。なるべく早く連絡することによってキャンセル料が発生せずに済んだり、スムーズに別の日程で予約をとることができる可能性が高くなるからです。

数週間前であれば比較的、柔軟に対応してもらうことができる可能性がありますが、予約日の直前になってしまうとキャンセル料は当初支払う予定の金額すべてとなってしまったり、キャンセル理由によっては再度予約をとることを拒否されるかもしれません。

予定を変更してもらうとなると、当初撮影するはずだった仕事がなくなるわけですから、キャンセル料がなければスタジオに損失を与えてしまう可能性もあります。

病気などのやむを得ない事情であれば仕方がありませんが、特別な事情ではないにも関わらず直前で変更を申し出ると、別の日に予約がとれてもスタッフからの印象が悪くなってしまうでしょう。キャンセル料の発生を防いだり、円満に撮影を進めたりするためにも早めの連絡を心がけてください。

 

仕事や体調の都合で、予定した日にちでフォトウェディングを撮影することが難しくなるケースもあります。横浜のスタジオには予約を変更してもらえる場所もありますが、対応はそれぞれのスタジオで異なるので、まずは連絡することが大切です。




サイト内検索
記事一覧