フォトウェディングで使えるおすすめアイテムとは!

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/12/07

カップルで撮影を楽しむ時に、日傘やバルーンなど、いろんな小物を使うことで、写真撮影のバリエーションが増えます。

事前に、写真撮影のイメージを膨らませながら、必要なアイテムを用意する事で、予定していた通りのポーズができる方も多いです。

バルーンを使った撮影の楽しみ方もあります

フォトウェディングでいろんな写真を撮りたい時に、小物を用意しておくことで、写真撮影でたくさんの工夫ができるようになります。

例えば、バルーンをたくさん用意する事で、まるで浮かんでいるような姿を撮影する事ができたり、楽しく遊んでいる姿の撮影もできます。

カラフルなバルーンを用意する事で、全体的にポップな写真に仕上げる事ができたりと、使うバルーンのカラーにこだわる事もおすすめです。

ベージュなどの落ち着いたカラーを使う事もでき、あまり可愛らしさを演出するのが苦手な方は、落ち着いたカラーを選択する事にも注目です。

手作りする事もでき、大きめのアルファベットオブジェを作る事で、メッセージを残せる写真や二人のイニシャルを使うなど、いろんな写真を撮影できます。

オシャレなアルファベットの文字を考えて、段ボールや百円ショップで販売されている物を上手に活用しながら、アルファベットオブジェを作る事で、費用を抑えられます。

手作りをしなくても、自宅にある物をうまく活用する事で、ロマンチックな写真を残すことができる事をチェックする事も大切です。

赤い糸を用意するだけで、二人をつなぐ赤い糸を表現する事ができますし、紙コップで糸電話を表現しながら、楽しくお話ししている写真を撮影できます。

インパクトのある仕上がりにする事も大事です

普段使っている日傘もフォトウェディングで素敵な写真を残せる場合があり、注目する方はたくさんいます。

日傘を広げた時の面積の大きさがインパクトを与えますし、普段愛用している日傘が洋装のウェディングドレスの小物としても使える場合があります。

あえて広げた時の面積が小さめのおしゃれな日傘を見つけて、二人が密着して、見つめあう写真を撮るなど、いろんなアレンジを加える事もできます。

和装のフォトウェディングの場合、扇子を使う事で、落ち着いた雰囲気の写真に仕上げる事ができたり、扇子にも字を書くことで、ポップな写真に仕上げる事ができる事にも注目です。

扇子を持つことで、自然といろんなポーズができるようになる方もたくさんいるため、事前に柄や文字を書くなど、扇子の準備を進めておくこともおすすめです。

小物を使う事を考える事で、イメージを膨らませる事ができるようになるため、フォトウェディングで使えるたくさんのアイテムを事前に揃えておくことも大事なポイントです。

家族や友人も誘って撮影を楽しめます

フォトウェディングは、カップルで楽しむイメージを持つ方もたくさんいますが、友人や家族を誘ってにぎやかな雰囲気で、楽しく撮影をする事もできます。

業者の中には、家族や友人の同伴を許可してくれるところもあり、カップルだけの撮影だけではなく、みんなで撮影する楽しみも持てます。

撮影をする時も楽しめるように、仲間と一緒に食事ができるスペースが用意されていたり、控室もきちんと用意されていることで、待ち時間も快適です。

写真撮影をするスタジオは、人が入れる人数に限りがあるため、事前に招待できる人数を確認して、招待する人を決める必要があります。

結婚式場のようにたくさんの人を招待するのは難しいため、トラブルとならないように業者が対応できる人数をきちんと知る事が求められます。

費用をかけることなく、手作りで小物を用意する方法もあり、アルファベットオブジェを手作りしたり、赤い糸を用意して、いろんなアレンジができます。

和装での撮影は扇子が似合いますし、洋装のドレスには、日傘を使う事で、インパクトのある撮影をする事ができる事にも注目です。

サイト内検索
記事一覧