横浜でフォトウェディング!手作り小道具を用意すればもっと二人らしい写真になる


横浜でフォトウェディングをするときに、2人らしい素敵な写真にするために手作り小道具を用意するのは大変良いアイデアです。
しかしいざ手作り小道具を用意しようと思ってもどのようなものを作ればいいか分からない人も多いと思います。
そこで今回はおすすめの手作り小道具を紹介します。

 

 

 

手作り小道具を用意して素敵な横浜でフォトウェディングに

ハッピーな文字を入れガーランドもおすすめであり、和装でのフォト撮影であればあえて日本語を使い、ガーランドに結婚しましたと言う文字を書いても似合います。洋風のウェディング衣装ならばフレーズには、JUSTMARRIEDと入れればOKですし、あとから写真を見返しても伝わりやすいです。

大きな雑貨店のウェディングコーナーにはすでに印字済のものが市販されていますし、インターネットショッピングでの取り寄せもできます。現在ではネットを使えば無料のテンプレートを見つけることもできるので、手作りすればより思い出が深くなりますし何といっても簡単です。

ガーランドを作るためには好みの布を用意しますが、ハギレでも構いません。型紙用の厚紙にハサミにチャコペンにボンド、紐を用意して作ります。型紙を厚紙で作りますが、二等辺三角形でも正三角形でも好きな形を決めることが可能です。布を型に合わせて切り、フラッグをボンドで紐に付けて繋げていけば完成します。コットンボールのライトガーランドならば、丸くて見た目はかなりキュートです。

 

キュートで華やかさを引き立てるフォトプロップス

手作り小道具を用意しての横浜でフォトウェディングは、もっと2人らしい写真になるので挑戦の価値が高いです。スマートフォンや携帯電話を1人が1台持つ時代ですから、誰もが気軽にいつでも写真撮影ができるようになり、フォトジェニックという言葉も一般的に使われるようになりました。

以前よりも結婚式では写真を気軽に誰もが撮影できるようになり、海外でのウェディングフォトでは高確率で登場をする、フォトプロップスを手作りするのも良いアイデアです。本当の挙式や披露宴の二次会だけではなく、フォトウェディングの時にも大活躍をしてくれます。2人で簡単に手作りができるのもフォトプロップスの嬉しい所であり、無料でテンプレートのダウンロードができるので、好きなデザインを選ぶことが可能です。

フォトプロップスの素材は2人の好きな物を選び印刷をして、他にも必要なのは厚紙とストロー、必要ならばシンプル形のストローに、マスキングテープを巻いて可愛い演出もできます。ハサミで印刷したフォトプロップスの素材を形通りに切って、厚紙に糊で貼り付けて形をカット、ストローは持ち手部分用として付けて完成です。もっと可愛くするなら、リボンやシールを飾り付けても、より華やかになります。

 

フォトウェディングでも人気が高まっているロゼット

横浜でフォトウェディングなら手作り小道具を用意して、より2人らしい写真にできますので、アイデアを活用することです。カップルで挑戦をしたいのがロゼットであり、日本のウェディングでもかなり流行っているアイテムですが、ヨーロッパでは勲章という意味合いがあります。

見た目もかなりきちんとしているので、手作りするにはハードルが高そうに見えますが、実際にトライしてみるととても簡単です。コストをできるだけ抑えてグッズを作ろうと思案するのであれば、材料は全て100円ショップで揃えることもできます。それくらい費用面もリーズナブルで簡単なのに、仕上りは立派ですから申し分はありません。クルミボタンを作り、リボンはプリーツにして、テールはひらひらしたものを付けるだけなので、本当に不器用を自覚する人でも無理なく手作りできるくらいです。

材料としては幅違いのリボンを2種類と、仕切り板にマスキングテープと両面テープ、くるみボタンキットにフェルトとグルーガン、あとはライターに糸と針と両用クリップ、それからくるみボタンに使うお好みの布に厚紙とはさみを用意します。ショップで購入をすると値段は高いですが、手作りすれば問題はないです。

 

サイト内検索
ランキング!
ONESTYLE(ワンスタイル)
スタジオAQUA(アクア)
La-vie Factory(ラヴィファクトリー)
CLAIRE(クレール)
華雅苑(かがえん)
記事一覧