曇りが逆に都合いい?横浜で理想のフォトウェディング!


曇りが逆に都合いいと言われると、通常であれば首をかしげてしまうかもしれません。せっかくの横浜での理想のフォトウェディングは晴れ渡った、晴天の青空の下でしたいという気持ちになるのも自然なことです。でも本当は太陽がさんさんと降り注いでいる日よりも、雲のある日の方が適しているのです。

 

 

曇りが素敵な横浜でのフォトウェディングになる要素

それにはちゃんと理由があり、何よりも日差しが弱いのではっきりと影ができません。当然ですが太陽の明るい日差しの下では、人間にもすべてのものにも日陰はできますし、それが写真撮影時には邪魔になってしまうことがあります。普段であれば晴天ほど気分の良い天候はありませんし、そもそも人影のことなど気にはしません。

ところが写真撮影ともなると話は別であり、実際の人間がいかに気分が良いかも大切ではありますが、ずっと残る写真をいかに美しく撮影できるかが重要な課題です。ミッションはあくまでも最高に美しい写真を撮影することであり、太陽の強い日差しでの陰に悩まされる暇はありません。空に雲が一面にあるほど状態はフラットに撮影ができるので、陰影がバックに強くかかることがないです。これは被写体や衣装にも言えることであり、晴天時にはこれが難しくなります。

フォトウェディングは日差しの強い日よりも曇りの日

横浜で理想のフォトウェディングをするならば、曇りが逆に都合が良いというのは本当です。誰もが何も知らなければ晴天を希望しますが、晴れた日の撮影の場合は太陽の日差しもあるので、衣装や全ての影はハッキリと出ます。このくっきりと影が出過ぎるのが写真には難点であり、ウェディングドレスなどは特に細かいそれは美しい刺繍が施されていたり、細かい仕事で美しい仕上がりのデザインも多いのに、陰により衣装の柄が見えなくなることがあるのがデメリットです。

空が晴れ渡った状態であれば、人間の目で見てあらゆるものがはっきりと見えますが、写真には影ができる部分は見えなくなってしまいます。全てではなく、あくまでも影ができた部分の話にはなりますが、ドレスなどの衣装には誰しも思い入れがありますし、自分たちの幸福感いっぱいの笑顔だけではなく、人生最大級にハッピーな日の衣装だって鮮明に残したい気持ちは強いです。それが天気が良いばっかりに、撮影をして写真にしてみたら、目視ではあんなにキレイなのに、写真ではあまりキレイではなくなることもあります。当日の日差しが強くなるほど、ドレスなどだけではなく、濃い影は顔にもできるので厄介です。

横浜フォトウェディングには曇りの日が最適

横浜で理想的なフォトウェディングをするならば、当日に曇った天候であっても落ち込む必要はなく、逆に小躍りしたくなるくらいラッキーです。写真撮影に響くような影もできることがありませんし、晴天の日よりも曇った日の方が、衣装のデザインもキレイに撮影ができます。

期待を込めて迎えたフォトウェディングの日の空が、なんとなく雲で覆われていると、これから晴れてくれないかと祈りたくもなりますが、そのままの方が美しい撮影をするには好都合です。またどんよりとした雲の多い天候であるほど、これでは一生残す最高の写真を写すのは無理ではないかと不安になるかもしれませんが、曇りほど美しい撮影ができる天候はありません。

はっきりした晴天だったら影ができてしまい、写真にマイナスの影響を与えますが、曇り空ならばその心配がないです。青空の晴れ渡った日よりも曇っていたほうが、写真にはウェディングドレスなどの衣装も美しく写ります。また雲が多いからといって、メイクを濃くしたりだとか、ヘアスタイルを急きょ変更をする必要もありません。ヘアメイクは撮影をする際、天候には左右されないためです。曇りであることは、フォトウェディングには最適ということです。

サイト内検索
ランキング!
ONESTYLE(ワンスタイル)
スタジオAQUA(アクア)
La-vie Factory(ラヴィファクトリー)
CLAIRE(クレール)
華雅苑(かがえん)
記事一覧