横浜でのフォトウェディング一連にかかる時間

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/08/06

凝った演出や理想的なロケーションで、通常とはひと味違った結婚写真が撮影できるとして人気を集めているのが、フォトウェディングです。

横浜にはたくさんのフォトスタジオがあり、それぞれ趣向をこらしたプランを用意していますが、所要時間や撮影時における一連の流れなどをあらかじめ知っておくと、サービスを利用する時の目安になります。

所要時間は衣装の数によって変わってくる

横浜は国際的な港町で、街中のそこかしこに由緒ある洋風建築が建っていたり、外国船の行き交う海を一望できるスポットがあったりと、フォトウェディングに格好のロケーションが揃っています。

そのため、横浜ではたくさんのスタジオがフォトウェディングのサービスを行っており、予算や時間などに応じてプランを選べるようになっています。 具体的なプランの内容はスタジオごとにさまざまですが、おおむね共通するのは撮影場所と衣装の数によって費用や所要時間が決まってくるということです。

最もシンプルなのはスタジオ内で1種類の衣装を使って撮影するプランで、費用が安く、撮影にかかる時間も1時間半から2時間程度と短めです。これが2種類の衣装、たとえば洋装と和装それぞれ1パターンというスタイルになると、3時間前後がおおよその目安となります。また、すでに子供のいるカップルがお子さんと一緒に撮影をしたいといった場合は、お子さんの機嫌にもよりますがさらに30分程度長くかかるものと考えておくのが良いでしょう。

外でのロケーションは移動を考慮に入れる

スタジオの外に出てロケーション撮影を行う場合は、当然ながら撮影場所までの移動に必要な時間がプラスされます。具体的にどれくらいかかるかはスタジオと撮影場所の位置関係によって変わってきますし、撮影当日の交通事情にも影響されるのでケースバイケースとなります。

横浜で人気のロケーションスポットは横浜港とその周辺に集中しているので、スタジオの所在地もその近くであればそれほど時間はかかりません。詳しくは事前の打ち合わせの時に確認しておくと良いでしょう。

なお、出来上がった写真が手元に届くまでにはどれくらいの時間がかかるかというと、これもスタジオごとにまちまちではありますが、平均するとおおむね1か月前後です。大切な日の思い出を最良の状態で残せるよう、光の加減やピントなどを細心の注意を払って調整するため、どうしてもそれだけの時間は必要になります。ただしスタジオによっては、データだけならその日のうちに渡してくれるケースもあります。

撮影当日の全体的なスケジュール

フォトウェディングの撮影当日にはどのようなスケジュールが組まれているかというと、ヘアセット・メイク・着付け・撮影・私服への着替え・写真選びというのがおおよその流れとなります。スタジオのセッティングや小道具の準備などは、事前に済ましてあるのが一般的です。

ロケーション撮影の場合は、これに移動が加わります。通常は着付けを終えてから車で移動しますが、ホテルの一室を借りるなどして撮影を行う場合は現地に到着してから着付けを行うこともあります。

写真選びや会計なども含めたトータルの所要時間は、スタジオの場合であれば標準的なパターンで3時間から4時間程度と見込んでおけば良いでしょう。ロケーションの場合は近場で半日程度、遠方まで行く場合は1日がかりとなることもあります。

新生活の準備などで他にも予定がある人や、お子さんを預ける必要がある人は、それらをあらかじめ見込んだうえで余裕をもってスケジュールを組んでおくのがおすすめです。

 

当日の作業をスムーズに進めるには、事前の打ち合わせを入念に行っておくことが大切です。依頼するスタジオを決めたら、担当者としっかり話し合って疑問点などを解消しておけば、いざ本番となった時にまごつかなくて済みます。

サイト内検索
記事一覧