横浜でフォトウェディングを行う場合の当日の流れ

横浜でフォトウェディングを行う場合の当日の流れ

フォトウェディングをすれば格安で結婚式の雰囲気が楽しめるのが魅力です。
フォトウェディングはいろいろなドレスなども選べてバリエーション豊富なスタジオで撮影してもらえるのも醍醐味でしょう。
とはいえ、実際にフォトウェディングをしてもらう際にはどのような流れで進むのでしょうか。
撮影当日は何か準備しておいたほうが良いことはあるのでしょうか。
ここではそんなポイントについて解説していきましょう。

 

フォトウェディングを行う場合の流れについて

フォトウェディングを行う際にはまずは打ち合わせが必要となります。

打ち合わせでは担当者と顔を合わせて、

撮影当日に着る服装の選定

衣装替えの回数

オプションの利用

などを話し合っていきます。

この打ち合わせがどれだけ入念に行われているかでフォトウェディングの満足度も変わってきますから細かい点までしっかりと話し合っておくと良いでしょう。

フォトウェディング当日は決められた時間にフォトウェディングスタジオを訪れますが、なるべく早めにスタジオに行っておくことが大事です。
あまりに遅れてフォトウェディングスタジオに行くと何かと慌ただしくなってしまっていけません。
特にウェディングドレスは誰もが着慣れていないものですから着るのにかなり時間がかかることも理解しておきましょう。

 

受付から着替えの流れ

フォトウェディングスタジオに行って受付を済ませたら当日のスケジュールを係からまずは説明されます。
その後はスタジオが使えるようであれば衣装室で衣装を着て準備することとなります。
衣装室は個室のところもあれば共同使用のところもありますが、個室のほうがやはりリラックスして準備できるのは確かです。
この点もフォトウェディングスタジオを選ぶ際には比較しておくと良いでしょう。
フォトウェディングスタジオによってはこの際にヘアメイクやフェイシャルメイクもしてもらえることもあります。

 

写真撮影の流れ

衣装を着て準備が整ったらスタジオに誘導されて写真撮影の始まりです。
この際に初めてカメラマンに出会うこともありますが、カメラマンにはその日一日中お世話になりますからしっかり挨拶をしておくと良いでしょう。

撮影中はカメラマンの指示を聞いて写真撮影していくこととなりますが、写真撮影はかなり疲れるものでもあります。
着慣れない服装で動きまわったり、長時間表情を保っているだけでくたくたになってしまうこともあるでしょう。
疲れていると良い写真撮影もできませんから、疲れたら休憩をもらって積極的に休みましょう。
撮影の合間に衣装替えを何度かすることもありますが、こうした衣装替えも実に疲れるものです。

写真撮影後はカメラマンにお礼をしてその日はおしまいです。
後日にアルバムが贈られてきますからその到着を待ちましょう。

フォトウェディングの流れは紹介したとおりですが、フォトウェディングをしてもらう際には体調を万全にしておくこともかかせません。
こうしたことも忘れずにしておきたいところです。

 

ロケーション撮影する場合の流れについて

ロケーション撮影をする場合には流れもかなり変わってきます。
ロケーション撮影の際にはスタジオに行った後に衣装を着替えたらすぐに撮影場所までバンなどで移動することとなります。
撮影許可を得て行うことも多いですが、それだけ撮影スケジュールも厳しいことがあるのは理解しておきたいところです。

ロケーション撮影の際には衣装替えもバンの中で行うこととなります。
また、時間があればロケーション撮影ついでに撮影場所を観光できることもありますが、こうしたこともロケーション撮影の特徴でしょう。

サイト内検索
ランキング!
ONESTYLE(ワンスタイル)
スタジオAQUA(アクア)
La-vie Factory(ラヴィファクトリー)
CLAIRE(クレール)
華雅苑(かがえん)
記事一覧