フォトウェディングは洋装・和装、両方の撮影ができる?

フォトウェディングは洋装・和装、両方の撮影ができる?

 

フォトウェディングは単にウェディングドレスを着て撮影する以外にもいろいろな楽しみ方ができます。
例えば、フォトウェディング業者によっては和装を用意しているところもあり、和の雰囲気でフォトウェディングができてしまうところもあるのです。
これ以外にも多様な服装を用意しているところもありますが、そんなフォトウェディングを楽しむコツを更に紹介しましょう。

 

フォトウェディングは服装がいろいろと選べる

フォトウェディング業者はウェディングドレスを着て撮影するのが主流です。
しかし、業者によっては和服を用意しているところもあります。
和服を着て写真撮影してもらえば一生の思い出になることは言うまでもありません。

また、洋服と和服の両方を用いてフォトウェディングすることもできます。
この際には衣装替えする必要性もありますが、洋服と和服の魅力を満喫できるためにおすすめです。

和服で撮影時には和の雰囲気がただようスタジオで撮影できるところもあります。
例えば、横浜のフォトウェディング業者によっては日本庭園で撮影可能なところも。
日本庭園で晴れ姿を撮影してもらうのはこうしたフォトウェディングの醍醐味でしょう。

 

奇抜な服装も楽しめることがある!

洋服・和服以外にも奇抜な服装が楽しめることがあるのがフォトウェディングです。
例えば、きぐるみを用意しているところもありますし、ペアルックで写真撮影が楽しめるところもあります。
このようにいろいろな服装で撮影が可能ですから、これからフォトウェディングをする際にはどのような服装が用意されているかは十分に比較しておきたいところでしょう。

ちなみに、フォトウェディング業者の多くが服装の持ち込みを許可しています。
例えば、着慣れている着物を持ってきて写真撮影してもらうということも可能なのです。
やはり着慣れている服装であれば写真撮影もしてもらいやすいですし、よそよそしい感じもしてきません。
着物姿のままフォトウェディング業者に行ってそのまま撮影してもらうこともできます。

服装を持ち込めば、よりお安くフォトウェディングできるといったこともあります。
このように服装の持ち込みもおすすめですから、これからフォトウェディングする際にはためしてみるのも良いでしょう。

 

フォトウェディング後の楽しみもある

フォトウェディングは写真撮影してもらって終わりというわけではありません。

〇食事会・お茶会
フォトウェディング業者によっては写真撮影後に食事会が楽しめたり、お茶会が楽しめるようなところもあります。
こうしたフォトウェディング業者であればより「ウェディング」感も高まってくるはずです。
食事会に友人などを呼んで盛り上がってみるのも良いでしょう。
それだけ費用はかかりますがよりフォトウェディングを楽しみたいならば活用しておきたいところ。

〇アルバム

他にも、アルバムもフォトウェディング業者に頼めば作成してもらえます。
フォトウェディング業者のアルバムはかなり手もこっており、装丁も豪華なアルバムも作ってもらえます。
これだけでなく撮影して写真を載せた手紙や年賀状を作成してくれるサービスがある業者もあります。
このようにフォトウェディングは写真撮影後も何かと楽しめるのが嬉しいところです。

〇画像データをもらう

フォトウェディング後は業者から画像データファイルをもらっておくこともおすすめです。
画像データファイルがあれば自分たちでアルバム作成ができますし、自分のブログなどに投稿することもしやすくなります。
自分たちでアルバム作成をすればよりコストが低くなるのもお得なところです。
画像データは業者によっては無料でもらえることもありますから話を聞いてみると良いでしょう。

サイト内検索
ランキング!
ONESTYLE(ワンスタイル)
スタジオAQUA(アクア)
La-vie Factory(ラヴィファクトリー)
CLAIRE(クレール)
華雅苑(かがえん)
記事一覧