結婚指輪はフォトウェディングでは必須のアイテム?

結婚式よりも低予算で行うことができ、さらに結婚記念の写真を残せるということからフォトウェディングを選ぶ人も増えています。

現在横浜のフォトスタジオでも色々な人が写真撮影に臨んでおり、2人だけの記念の写真を残していらっしゃいます。

 

結婚指輪は用意しておいた方が良いかどうか

 

実際に式場で結婚式を行う変わりにフォトウェディングを選ぶ人も増えています。写真撮影の時はそのフォトスタジオによっても違いますが、ドレスやブーケなどを持ち込むということも少なくありません。

では、結婚式ということで結婚指輪を用意する必要があるのでしょうか、それとも用意しなくても問題はないのでしょうか。結論から先に言うと、絶対に結婚指輪を準備する必要はありません。

だから、当日指輪を用意せずに写真撮影したとしても良し、指輪がないから撮影できないということもありません。ただ、撮影のときにはめておきたい場合は指輪の持参を忘れないようにしましょう。

 

当日までに指輪が用意できなかった場合

 

指輪をはめずに撮影すると最初から決めていたのであれば当日フォトスタジオの方まで持っていかなくても問題はありません。しかし指輪をはめて撮影したいというときは、必ずフォトスタジオに持っていく必要があります。

しかし急いでいて持っていくのを忘れてしまったというだけでなく、指輪の作成が当日に間に合わなかったということもあり得ます。もちろん自宅に取りに帰ることができたり、撮影する日を変更するということができれば問題はありません。

しかしどうしてもその場で撮影しなければならないという時は、指先を隠す撮影方法をおすすめします。例えば、ドレスを着用するときはロンググローブをつけた状態で撮影すれば、指先を隠した状態にすることができます。

また色々な小物を上手に活用することによって、指先を違和感なく隠すことも十分可能なので検討してみてはいかがでしょうか。さらにポージングを工夫することでも指先を自然に隠せるので、指輪を用意できなかった場合でも撮影は可能です。

 

撮影当日にあれば便利な結婚指輪

 

フォトウェディングの撮影の時は、絶対に結婚指輪がなければ撮影できないと言うわけではありません。だから、撮影時の必需品というわけではないので、お二人の考えによって当日は用意しない選択も可能です。

指先を隠す形での撮影も十分可能なので、敢えて用意しないというときだけでなく、忘れてしまったとしても撮影できます。しかし、結婚指輪自体は用意しておくことによって写真の構図のバリエーションが豊富になるというメリットもあります。

結婚指輪はそれだけでも結婚式というのを感じることができる重要なアイテムだということができるからです。ですから、用意しなくても問題はありませんが、用意できるならしておく方が良いかもしれません。

 

結婚指輪自体はフォトウェディングの時に用意していなかったとしても全く問題なく撮影することはできます。実際に撮影をするときは指先を隠したりする方法がいくつもあるので、違和感なく写真撮影ができるからです。

例えばロンググローブを利用したり、ブーケなどを利用すれば簡単に指先を隠せるからです。しかし指輪自体は写真の構図のバリエーションを豊富にする重要な役割を担っているということもできます。

つまり、指輪があるがために撮影できる構図というのが存在しているので、用意しておく方がよりよいと言って良いでしょう。ただフォトウェディングの時に結婚指輪は必需品というわけではないので、お二人の考えで用意するかどうか決めることをおすすめします。

また、結婚指輪自体は作成にある程度の時間が必要なので、フォトウェディングの時に使いたいという場合は、撮影当日までに間に合うように用意しておきましょう。

サイト内検索
記事一覧